法人向け 防犯カメラサービス

法人向け防犯カメラ新規導入、メンテナンス、入れ替えなどご相談ください。防水機能、暗視機能、高画質カメラの導入が可能です。スマートフォン対応の防犯カメラであれば遠隔にいつでも確認が可能です。環境や取り付けの動機に応じてご相談に応じます。

network engineering株式会社の防犯カメラサービス

事務所・オフィスの監視

事務所 office shop souko apart
事務所 office shop souko apart

事務所・オフィスの監視

ネットワーク遠隔監視で支社や営業所監視。マイナンバー対策で管理場所や不振人物の入退室記録を映像に残せます。また従業員の内部不正などに対する抑止効果にもなります。

事務所officeの監視
事務所officeの監視

店舗監視

従業員の管理や集客状況のツールにも使用できます。万引きやうち引き抑制・お客様とのトラブル予防。経営者が複数店舗をリアルタイムで確認できます。

店舗shop監視
店舗shop監視

倉庫・工場監視

生産ラインの監視と入室管理でフードディフェンス体制の構築や高画質の防犯カメラで細かい作業を24時間記録可能です。広い倉庫でも、1台のPTZカメラで遠隔視聴することが可能です。

倉庫・工場監視

マンションの監視

入居者の安心・安全のためにも資産価値を守るためにも。イタズラや不審者の侵入 車上荒らしや入居マナー向上。防犯カメラ設置で犯罪を未然に防ぎ、安心安全な暮らし環境を作り入居率アップ

マンションの監視

セキュリティカメラの基礎知識

防犯カメラと見守りカメラの違い
防犯カメラと見守りカメラの違い

防犯は犯罪を防ぐこと、監視とは警戒して見張ること。録画機能は【防犯】には必要ですが、【監視】には必ずしも必要じゃない場合が多くあります。このため、盗難などで映像の確認をしようとしても、録画されていないケースもありました。

撮られすぎで不安?
撮られすぎで不安?

プライバシーの問題や監視社会と言われたりもしますが、防犯カメラは犯罪抑止、犯人逮捕にとても貢献しています。昨今のさまざまな事件も、防犯カメラが無ければ事件解決は難しいでしょう。
そこで、防犯カメラに録画した画像は、簡単に人に見せられないような仕組みを作って、運用されている所がほとんどです。

「個人情報の保護に関する法律についての経済産業分野を対象とするガイドライン」等に関するQ&A

防犯カメラの撮影で得られる容姿の映像により、特定の個人を識別することが可能な場合には、原則として個人情報の利用目的を本人に通知又は公表しなければなりません。もっとも、「取得の状況からみて利用目的が明らかであると認められる場合」には、その利用目的を公表等する必要がないとされており(法第18条第4項第4号)、一般に、防犯目的のためにビデオカメラを設置し撮影する場合は、「取得の状況からみて利用目的が明らか」であると認められるものと解されます。しかし、防犯以外の目的で利用する場合には、「取得の状況からみて利用目的が明らか」とは認められない可能性が高いため、当該利用目的を公表等する必要があります。

つまり事件があれば警察を通じて提出できますが、疑いがある状態のまま任意提出すると、著作権が犯人【の疑いがある人】に発生して、提出を拒否される場合もあります。

上記をふまえて会社や個人宅に導入予定の方は、絶対に忘れてならないのが、著作権を守る事です。映っている人にはプライバシー・人権がありますので、犯罪捜査に関係の無い第三者に画像を公開したり、SNSに投稿するなど決して行わないで下さい。

またカメラの技術進歩により10年前はアナログ方式で約21万画素~37万画素でしたが、デジタル化の進歩により4kカメラも海外では販売されております。

防犯カメラの進化
防犯カメラの進化

防犯カメラの進化

録画機器も近年はビデオテープから、画質劣化の無い大容量HDDやクラウドネットワークへ進化しています。もし古いカメラを利用中であればアナログ配線はそのまま、新たにAHD220万画素の防犯カメラと録画機に切り替えが出来ます。

AHDハイビジョンカメラ
AHDハイビジョンカメラ

AHDハイビジョンカメラは、従来のアナログカメラと同等の導入費用で、利用環境(ケーブル)もそのままにてHD画質720p(1280×720)と1080p(1920×1080)のフルHD両方を利用できます。
最大伝送距離は500m。他のハイビジョン画質(HD画質)のカメラである、ネットワークカメラ(IPカメラ)とHD-SDIカメラは100mです。

防犯カメラ

防犯カメラ複数
複数の防犯カメラ

防犯カメラの設置は、まず相手に気付かせることを考えましょう。犯罪を犯す人は必ず周りの目を意識します。

防犯カメラ録画中のステッカーを貼ってある場所で犯罪を犯そうとは思わないでしょう。また画質も決定的に犯人特定できるほどの画素にすることで得られる情報も多くなります。

ドーム型カメラ

以前は25万画素、41万画素のカメラでしたが、最近のカメラはもっと画素のいい機種が揃っています。上記のようにHDDに録画出来るようになりました。
一般家庭での防犯用なら130万画素以上のカメラがおすすめです。通常の家庭でしたら2~4台設置、玄関先、駐車場、勝手口、自宅前の路上!など気になるところを監視できます。防犯カメラ作動中のステッカーを貼るようにしてください。

見守りカメラ【監視】(ホームセキュリティ)

arlo Homenetwork camera
arlo Homenetwork camera

監視カメラというと見られている、と思う方も多いと思いますが、ペットや赤ちゃんの見守りも監視の一つです。

外出先から、ペットが家でいたずらしていないか、変わった様子はないかのチェックに。炊事・洗濯中に、少し目の離れた場所で寝ている赤ちゃんの見守りに。他にも子供達がちゃんと学校から帰宅したかの確認、離れて暮らす両親の見守りなど、自宅警備以外に利用されるケースが増えてきました。

これらは防犯カメラのような鮮明な画像は必要ないので、映像確認が出来ればよい程度の画素で多く販売されています。またスマートフォンなどで手軽に確認できるタイプが主流です。上記の防犯カメラもパソコンだけでなくスマートフォンでも確認ができます。

このように用途にあったタイプのカメラをお選びいただけます。どのタイプのカメラがいいのか?お悩みでしたらカメラ導入の有無に関わらず、ご相談に乗ります。